2016年07月22日

為替レートとは

為替レートとは、日本円と海外の通貨、または2国間の通貨を交換する時の取引価格、または相場のことをいいます。「1ドル○○円○○銭」というのは米ドル/円の為替レートです。

取引には必ず「売り手」と「買い手」が存在します。為替レートは、その通貨を売りたい売り手と、買いたい買い手が納得した価格に決められます。売り手も買い手も、刻々と変化する世界経済の情勢やニュースなどの情報をもとに売買の判断をしているので、為替レートは常に変動しています。


なおFXは、株式市場などと違い、売り手と買い手の当事者間で、レートや数量などの条件が合致すれば取引が成立します。これを相対取引といいます。世界中の投資家が相対取引を行っているので、為替レートは同時に複数存在することになります。新聞やテレビなどで入手できる為替レートは、複数の市場参加者から情報を入手したものを公開している、いわば参考値で、必ずそのレートで取引できるというわけではありません。


この為替変動があるからこそ、取引で利益をあげるチャンスが生まれるわけです。


posted by FX講座 at 17:48| Comment(0) | FX講座 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。